高大連携による継続した学び

高大連携授業風景
高大連携授業風景
高・大連携授業の導入により、大学進学後の学習準備はもちろんのこと、7年間・5年間をとおしての継続した学びができます。
また、高・大連携授業の科目は、京都華頂大学・華頂短期大学の履修単位に充当することができ、何よりも同じ教育方針のもとで継続的に学ぶことにより、豊かな人格が形成されます。
単位認定連携履修科目(2020年4月現在)
  • 食文化
  • 健康マネジメント
  • 社会学概論
  • 形象音楽
  • 生活とメディア
  • 芸術と文化
  • 多文化共生を考える
  • 保幼小連携の実際

受講者の声

日常生活に役立つ知識を学び、健康診断や栄養診断を通して、健康状態を見直す良い機会にもなりました。グループワークで大学生とも交流することができたのも、とても良かったです。
健康マネジメント 受講
日本の福祉の現状を知ることができました。また大学の授業を受けるという、普段あまりない貴重な経験を得ることは、今後の大学受験のためにも大きな糧になりました。
子ども家庭福祉 受講
カラーコーディネート講座を隣接の大学校舎で大学生とともに受講しました。実習では教科書に載っている配色を、実際に色紙を用いて体験出来たことがとても印象的でした。
カラーコーディネイト 受講
  • 同窓会
  • 2021スクールガイド
  • LINE公式アカウント
  • 公式facebookページ
  • 京都留学
  • OCSD
  • 9月5日(土)・6日(日) 中学・高校展