高大連携授業の様子

華頂の特色の一つに高大連携授業があります。
高大連携授業の導入により、大学進学後の学習準備はもちろんのこと、7年・5年を通しての継続した学びをすることができます。
今年度は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、オンライン授業と対面授業を交互に行っています。

画像は「生活とメディア」授業の様子です。
テレワークについてメリットデメリットを生徒達で話し合い、まとまった内容をオンライン上で発表をしました。

(高大連携授業の科目は、京都華頂大学・華頂短期大学へ進学した場合、履修単位に充当することができます。)



トップページへ戻る