【校長メッセージ】新学期の授業開始に当たって

新学期の授業開始に当たって

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のために発せられていた国の緊急事態宣言が、その収束までにまだ時間を要するとの判断により、引き続き5月31日(日)まで期間延長されることとなりました。

 本校では今日5月7日(木)から徹底した感染症防止策を講じたうえで、短縮授業による対面授業を開始する予定でありましたが、緊急事態宣言を受けた京都府知事の要請をうけ、新型コロナウイルス感染症拡大の収束が難しい状況の中、現時点では5月末まで対面授業ではなく、遠隔授業を実施することとしました。

 そこで、生徒の皆さんには大変ご不便をお掛けしますが、すでに種々ご案内のように5月15日(金)より遠隔型授業によって新学期の授業を始めます。生徒の皆さんにはPC.の操作に不慣れであるとか対面授業に比べて学修効果に不安を感じるとか様々の苦悩を抱えながらの学修になるものと察せられます。本校も昨年度末からこうした事態を想定し、このための一定の準備を行ってきましたが、教職員もこれまでの授業の在り方から遠隔型授業等の効果的な学修に向けて日々授業の準備に取り組んでいます。

 しかるに、皆さんはこうした厳しい状況をチャンスに変えることができます。この新型コロナウイルスの感染が終息したとき、社会構造がまた大きく様変わりしているのではないかと推測します。いまのOn Line授業をはじめとする学修・生活の経験は、来るべきSociety 5.0の超スマート社会に活かされていくことになるのは間違いありません。

 この時期に生徒の皆さんの姿のないキャンパスは実に不思議な風景で寂しい限りです。例年であれば4月~5月の年度初めは新入生歓迎会、花まつり、球技大会等の諸行事や生徒会、クラブ活動で活気づいています。

 生徒の皆さんも辛い毎日だと思いますが、教職員も毎日大変な思いで過ごしています。こういう苦しいときこそ学訓「和顔愛語」を掛け声に頑張っていきましょう。生徒の皆さんの計り知れない英知を信じ、この苦難ともいえる環境からの脱却を期したいと強く思います。

 学校としては、何とか早く収束への道筋が見え生徒の皆さんの元気な笑顔に一日でも早く接しられるようにと考えています。どうか、いま暫く外出自粛、健康維持に向けた生活と遠隔授業受講の並立をお願いいたします。

令和2年5月7日
華頂女子高等学校
校長 中 野 正 明

トップページへ戻る