認知症あんしんサポーター養成講座

1月16日・23日の2週にわたり、本校視聴覚教室にて「認知症あんしんサポーター養成講座」を実施しました。
1週目は京都市粟田地域包括支援センターさまによる講義を受けました。
認知症を知ること、理解すること、認知症の方への接し方を学びました。
2週目はNPO法人認知症予防ネット理事の中村都子先生による、「みんなの認知症予防ゲーム」を体験しました。
クラスが輪になって、手遊びやリズムゲームを行いました。
数を入れながら、触れ合いながら行うゲームはクラスのコミュニケーションにも役立つ内容と思えました。
「認知症あんしんサポーター養成講座」を受けた生徒はその証として、オレンジリングをいただきました。

トップページへ戻る