わくわく生物実習


os_bio2
生物教室で行われていたのは、鶏の解体を実演しながらの授業でした。先生がニワトリを解体しながら、筋肉や内臓について説明していきます。教科書よりも、実物を見た方がはるかに記憶に残ります。これは実際の授業で、“体験を通じた学び”という華頂独自の教育方針を表しています。
os_bio1
参加した中学生は怖がりながらも興味津々のようで、前のめりになりながら聞いていました。「スーパーで売っているもも肉がこれで、むね肉はこれ。ここの筋肉で羽が動く。」など、先生の説明にみんな「へぇ〜」と感嘆の声を上げていました。