インフルエンザによる出席停止について


インフルエンザに罹患した場合は、学校保健安全法施行規則第19条に基づき、欠席扱いにはならず、出席停止となります。発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまでが出席停止期間となります。

罹患した場合は、医師に指示された自宅療養期間中は、外出を控え家庭で療養するようにしてください。ただし病状により医師に感染の恐れがないと認められた場合にはこの限りではありません。

なお、 完治後、「学校感染症証明書」と「欠席届」を担任に提出して下さい。
(用紙は完治後担任よりお受け取りください。「学校感染証明書」は、このページからダウンロードもできます。)

インフルエンザの場合の出席停止日数の数え方

学校保健安全法施行規則の改正により、インフルエンザの出席停止期間の基準が「解熱後2日を経過するまで」から「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」と変わりました。
発症した日から数えると、6日間の出席停止が必要ということになります。
その後は、解熱した日によって出席停止日が延期されていきます。