華頂学園同窓会創立100周年記念総会が開催されました

華頂学園同窓会設立百周年記念総会が10月29日に来賓含め184名の
参加で開催されました。
台風が近づく雨天の中、本校講堂にて開催された総会は音楽法要から厳かに始まりました。
御導師様は旧職員の佐藤淳孝先生・コーラス指揮は石崎宏男先生、
コーラス隊は音楽科卒業生の華凜の皆様、有志の皆様による献灯・献香・
献花・散花を行いました。また実行委員と有志の皆様で月影から四弘誓願
まで斉唱しました。

 総会議事は校歌斉唱から始まり、役員改選・会務報告・会計報告・会計
監査がスムーズに行われました。会長は佐々木千惠子様、・副会長西村曜子様
が再選しました。また新たにS62年卒の山羽めぐみ様が副会長になられました。
そして校内幹事が大幅に少なくなったことをうけて、会則変更を行うことを承認
していただきました。

 清興は趣味のサロンから筝曲の皆様15名による「花は咲く」、
ゲストの中国二胡奏者 賣冰(ジャービン)氏による「何日君再来」「蘇州夜曲」の演奏、
音楽科卒業生による田中佑季さんのヴァイオリン「タイスの瞑想曲」、
横田菜彩さんの声楽「Mio caro bene」の演奏がありました。ピアノ伴奏は宮田結さんでした。
素晴らしい演奏に、心癒される時間を過ごしました。

 第2部の祝宴は和順会館へ会場を移し大盛況の会となりました。

総会および祝宴に際しましてご協力くださいました皆様に心よりお礼申上げます。
中野校長を初め、多くのご来賓の方々にご参加頂き、同窓生一同
大変喜んでおります。

卒業生の皆様、来年度以降の総会にもぜひご参加下さい。お待ちしております。