花まつり

本日は中高合同「花まつり」でした。
4月8日にお生まれになったお釈迦様の生誕をお祝いする日です。
そして、お釈迦様がお生まれになった時、「天上天下唯我独尊」といわれたように、
私たち一人一人のかけがえのない生命の尊さを思う日でもあります。お釈迦様の
お生まれになったお姿(誕生仏)を、お釈迦様がお生まれになったルンビニーの
花園のように花でいっぱいにした花御堂に安置いたします。お釈迦様の誕生を
祝って、御堂に花をいっぱいに飾り、誕生仏の上方から「甘い香りの雨」をそそ
ぎます。この「甘い香りの雨」はお釈迦様がお生まれになったときに、天界の龍
王が甘露の雨を天空からそそいだという伝説からきているものです。
花祭りの法要の後には,平先生の講話を聴き、命は誰にとっても大切であるということを学びました。