花まつりをおこないました。

花まつりをおこないました。
花まつりは、仏教を開かれた釈尊が、紀元前5世紀、4月8日に北インド(現在のネパール)のルンビニー園で誕生されたことを祝福し行うものです。釈尊誕生の時、龍が天からやってきて香湯をそそぎ祝福したという伝説にならい、花御堂の誕生仏に灌仏をおこなうので灌仏会ともいいます。