綿引体験

日本の伝統的な職人技である真綿の綿引の体験を
今年も実施しました。作った真綿を中綿にして膝掛けを作ります。
蒸して乾燥させた繭を茹でて広げて,もう一度乾燥させて引き広
げます。一回に引き広げる一枚に4個程度の繭が使ってあり,
一人の膝掛けキットに230個程度の繭が使用されています。
大切なお蚕さんの命をいただいて,世界に一つの膝掛けが
できあがります。
2学期前半の家庭基礎(2年)・家庭総合(3年)ではオリジナルの
掛けカバー製作をします。