綿引体験実習

例年より遅い時期になってしまいましたが、恒例の日本の伝統的な職人技である
真綿の綿引の体験を今年も実施しました。
真綿を中綿にして膝掛けを作る体験授業です。
蒸して乾燥させた繭を茹でて広げて,もう一度乾燥させて引き広げます。
一回に引き広げる一枚に4個程度の繭が使ってあり,一人の膝掛けキットに
230個程度の繭が使用されています。大切なお蚕さんの命をいただいて,
世界に一つの膝掛けができあがります。
シルクの素晴らしさが世界的に見直されているなか、価格が高騰していますが、
株式会社ロマンス様のお力添えで、実習を継続することができています。
ものづくりの素晴らしさ、日本の絹文化の原点を伝える重要性を知るきっかけ
になれば幸いです。