浄土宗宗立宗門学校合同音楽法要

本年は浄土宗祖法然上人の800年大遠忌の年にあたり 総本山知恩院では10月から各種の行事が行われます。 それに先立ち、今日、宗門関係学校が集まり 浄土宗宗立宗門学校合同音楽法要が行われました。 会場の大殿に宗門校15校、1200名が参加するとても大きな会となり、 本校からは中学生全員と高校1年生が代表として参加しました。 800年大遠忌の記念曲として、歌手のさだまさしさんによって 「いのちの理由(わけ)」という曲が作られました。 「私が生まれてきたわけは」という、当たり前の、しかし永遠の問いにさださんが 法然上人のこころを解し応えた楽曲になっています。 今日の合同音楽法要に さだまさしさんも出演され、お話とミニコンサートが行われましたが、最後に 「いのちの理由(わけ)」の合唱が行われ、今日の音楽法要が終了しました。 100年に一度の大きな法要に参加できたことにとても感謝します。